ようこそおいで下さいました ようこそおいで下さいました。
私は鳴風堂(めいふうどう)の三代目 林俊弥と申します。

このサイトでは、印鑑を作るにあたって悩んでいらっしゃるあなたへ、
目からウロコの機会となることを願って、他ではないお話をさせて頂きます。

「印鑑を作りたい」とお考えのあなたは、まず何をお望みでしょうか。
やはり「良い印鑑」を「無理のない費用で」購入することではないでしょうか。

では、その「良い印鑑」ってどんな印鑑なのかお分かりでしょうか?
偽造されない印鑑、美しい印影の作り出す印鑑、持つ喜びを感じる印鑑。
きっとそんな理想をお持ちではないかと思うのですが、 その理想をかなえる「良い印鑑」とはどのような印鑑なのでしょうか。
具体的にイメージ出来ますか? いかがでしょう。

洋服や食べ物のように「コレがいい!」っていう判断が簡単に出来るでしょうか。

ご安心下さい。 あなただけではありません。
きっとほとんどの方の答えは「ノー」だと思います。
私自身36年間、はんこ屋として大変多くのお客様と接して来ましたが、 はっきりとした答えをお持ちの方は極わずかしかいらっしゃいませんでした。

それは、判断する基準(箇所)が分からないからです。
良い印鑑は「どこ」が「どう」違うのか?という部分です。

これは逆に考えてみると凄く恐ろしい事なのですが、良い印鑑が見分けられないという事は 「どれが良くない印鑑なのか分からない」という事にもなるのです。
つまり、「お値打ちだから」とか逆に「とても高価だったから安心だ」とか 更には「この店は数々の輝かしい経歴を持ったお店だから安心だ」と思って 購入した印鑑がひょっとして良くない印鑑だとしても分からないという事です。

ですからここで、おいで下さったあなたに「良くない印鑑から逃れるコツ」をお話しましょう。
正直、これからお話する内容は、はんこ屋さんにとってかなり耳の痛いお話です。
それは「これをお客様に知られると手が抜けなくなる」からです。
これは、私自身にも言える事です。
では、墓穴を掘る覚悟でお話しましょう。
まず初めにこちらをご覧下さい。 仕上がりの違いはいかがでしたか
いかがでしたでしょうか。
こちらが皆さんにまずご覧頂く「仕上がりの違い」です。

実際に同じ彫刻内容の印鑑を例としてご用意することから始まり、 既に完成された印鑑をこちらでチューンアップしながらご説明するはんこ屋さんはあまりご存知ないでしょうか。笑
でも、こうすることで「違い」が浮き彫りになります。
それこそ手が抜けません。

さて、ここで少し考えてみて下さい。
既製品の印鑑に私が手を加えることでハッとされたのではないでしょうか。
手で作られた文字と機械が作った文字を並べて見た時には大きな違いを感じられたのではないでしょうか。

これは一体何がそう感じさせたのでしょうか。
どこがどう変わっていたからでしょうか。
実はここに印鑑を見極めるポイントが潜んでいるのです。

現在印章店サイトは数限りなく存在し、お店や職人によって様々な情報を発信しています。
それら情報の洪水があなたを飲み込んで不安にしているのではないかと危惧しています。
良く分からないから知識を得るために印章店サイトをご覧になったはずなのに逆に不安になっている…

主な理由はお分かりかと思います。
それらの情報が相反し、矛盾しているからです。
そのためにどの情報を信じたらいいのか分からなくなるのだと思います。

そんな今、とても重要なことがあります。
それはあなたが「もっともそうな情報だけで判断しようとしている」ことです。

「手彫り」「老舗」「高級」などの情報だけに頼ろうとしていませんか?
老舗の三代目が言うことではないかもしれませんが。汗
それらが本当かどうかという疑いの渦に巻き込まれている気がしてなりません。

ここで例を一つ挙げます。
あなたは、これからうどんを食べようと思ってます。
やはり「手打ちうどん」が良いだろうなって考えています。

そして、選んだ手打ちうどんのお店に入ってお腹一杯頂きました。
さて、あなたは満足出来たでしょうか?

「それだけでは分からないよ」という声が聞こえてきます。笑
そうです。
満足出来たかどうかは「美味しかったかどうか」なんです。

つまり、「手打ち」という肩書きは美味しいうどんを食べるための単なる目安なのです。
実際に食べてみて「美味しい!」と感動した瞬間に目的は達成されます。
手打ちうどんなら全て美味しいわけではありませんから。

お気づきでしょうか。
あなたが満足するための鍵は感動なのです。
うどんなら「手打ち」、印鑑なら「手彫り」「老舗」は感動に辿り付くための目安です。
それらの目安に振り回されて肝心な感動に辿り付いていないから不満だったのではないでしょうか。


それで先程、比較出来る印影を2例ほどご覧頂きました。
その時、あなたの心が「おっ!」と声を上げたのなら、それが感動なのです。
そして近い将来、完成したあなたの印鑑を手にした瞬間に同様の感動をしてこそ、
求めていた満足というゴールに辿り付くのです。

もちろん、感動が最も重要だというものの、
自らの感動を信じることだけで安心しきれないのもごもっともです。
自らの感動とそれを裏付ける確かな根拠を手に入れた時こそ、あなたの迷いは消えていくでしょう。

そこで今度は具体的な根拠として、良い印鑑を見極めるためのチェックポイントをご覧頂きます。
このポイントを知って頂いてチェックすることで、 「この印鑑は良い印鑑なのか?」「手抜きじゃないのか?」が簡単に分かるようになります。
では、どうぞ。 ご理解頂けましたでしょうか。
ここで重要なのは、お作りになる前に必ず「そのお店で彫刻されたサンプル」をご覧になって 今のチェックポイントをお確かめの上、ご購入される必要があるという事です。
もちろん、サンプルや技術展などへの出品作品には十分な時間を使って仕上げてあるのに 日常の仕事では…ということもありますからご注文後に仕上がった印鑑も要チェックです。
この場合、商品が届いた後でも仕上がりに不満があった時にはあなたのご要望に応える姿勢のあるお店選びが重要となります。

当店の仕事をご紹介致します さて皆さん、どうでしょうか。
「じゃあ、こんな話をする鳴風堂は一体どんな印鑑を作るの?」って素朴な疑問が湧いてきませんか。
承知致しました。笑
当店の仕上がりをご覧頂くために、日々の制作と同じように特別な手間や時間をかけることなく、私自らが彫り上げました一本の実物をご覧下さい。
こちらよりどうぞ。 貴重なお時間を頂き、ここまでご覧下さいまして有り難うございます。
ではここで、はんこ屋「鳴風堂」とはどんな店なのか当店の自己紹介を致しましょう。

当店は岐阜県土岐市で営んでおります創業88年になるはんこ屋です。
冒頭でお話しましたが、私はその3代目になります。
この親子3代に渡る職人たちがどんな仕事をして来たのかを
こちらでご覧頂けます。 長い文章をここまでお付き合い下さり本当に有り難うございました。
あなたの印鑑選びへの熱意に敬意を表します。
これから、ようやく当店の店内へご案内させて頂きます。

あまり例のないサイトだと思いますが… 実は正直に申し上げますと…
当サイトは印鑑に対して強いこだわりをお持ちの方だけにご入店頂くように、 そして当店の匂いを今ご覧頂くあなたに直接お感じ頂けるように、 掲載しております写真の一点一点を私自らが撮影を行って、 この様なとても特殊な構造のwebサイトを作らせて頂きました。

ですからご入店頂けるあなたには、こちらからも特別な対応をさせて頂きます。

もし、ご購入後にお届けした印鑑をご覧になって「仕上がりが気に入らない。」 といったご希望に反した彫り上がりだとお感じになられた場合はどうぞご遠慮なくご返品下さい。
お支払い頂きました代金はもちろん、ご返送の際の送料も全て当方で負担致します。
お客様には何のご負担も一切おかけ致しません。

さて、それではどんな商品がいくらなんでしょうか。
…では、

こちらよりご来店下さいませ。